ハイドロキノンはデリケートゾーンの黒ずみに良い?悪い?

48

デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノンは良くない説

最強美白成分・ハイドロキノン。ですが、あまりにも強い成分であるため、刺激や副作用が生じることがあります。
そんなハイドロキノンをデリケートゾーンの黒ずみに使用するのは、良いのでしょうか、悪いのでしょうか。
良いという説もあれば良くないという説もあります。
まずは、ハイドロキノンをデリケートゾーンの黒ずみに使用するのは良くない説からひもといていきましょう。
デリケートゾーンは「デリケート」と名前に含まれるくらいにはデリケートな場所です。
そんな場所にハイドロキノンを使うのですから、刺激があって当然。事実、ハイドロキノン配合製品をデリケートゾーンに使ったらピリピリしたという口コミはひとつやふたつではなく、そういった口コミは一定数あります。
デリケートゾーンの黒ずみの原因であるメラニン色素は、原因というよりも黒ずみの正体で、メラニン色素が生産されるきっかけこそが真の黒ずみの原因です。
では、メラニン色素が生産されるきっかけはというと、刺激。紫外線や摩擦や乾燥といった刺激全般です。
デリケートゾーンに刺激は良くないのに刺激を与える成分を塗ってどうするのかという話になります。

デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノンは良い説

続いて、ハイドロキノンをデリケートゾーンの黒ずみに使用するのは良い説です。
黒ずみの正体であるメラニン色素に効果を発揮するのは美白成分に属する成分で、ハイドロキノンも美白成分に属しています。そして、美白成分には、メラニン色素の色を薄くする、メラニン色素の生産を抑制する、メラニン色素の排出をうながすといった効果があります。
この効果のうち、メラニン色素の生産を抑制する効果は、デリケートゾーンの黒ずみを予防する上では大切な効果である一方で、すでにある黒ずみを薄くすることは見込めません。
すでにある黒ずみを薄くしたいなら、

○メラニン色素の色を薄くする
○メラニン色素の排出をうながす

どちらかの効果が必須です。
それでいて、どちらかの効果を持っているとしてもその効果が弱いとなかなか黒ずみは薄くなりません。
ハイドロキノンはメラニン色素の色を薄くする還元効果を持っている上、その還元効果が強力です。
確かに、強力なので濃度に注意して安全な範囲の濃度を使うべきですが、言い換えれば安全な範囲の濃度であればデリケートゾーンの黒ずみを改善する強い味方になります。

重要なのは副作用があるかないかよりも潔くやめられるか

デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノンは良くない説と良い説、どちらも、なるほどそうかとうなずけます。
というか、どちらかの説が嘘をついているならばともかく、どちらも嘘などついていないのですからうなずけるのもあたりまえです。
どちらも本当ならどちらを信じればいいのか悩んでしまいますね。
ハイドロキノンの使用において重要なのは、副作用があるかないかよりも何かあった時に潔くやめられるかです。
副作用の有無を知ることは大事なことではあります。がしかし、風邪薬を飲んだ時に眠くなることが副作用であるように、薬にも多かれ少なかれ副作用はあるわけで、副作用イコール悪い存在とは言えません。
副作用があることを、そして、どんな副作用があるのかを知った上で使用し、病院で処方してもらったなどそれなりにお金がかかっていたとしても副作用が見受けられたら潔く使用を中止すること。これができるのであれば、ハイドロキノンをデリケートゾーンに使用しても何ら問題はないはずです。
あとは、日本国内で入手できる最高濃度5パーセントをいきなり使うのではなく低い濃度から使用するとより安全に使用できます。

デリケートゾーンの黒ずみケアアイテムはランキングから選ぶ

47

黒ずみケアアイテムランキング:効果と安心度NO.1

デリケートゾーンの黒ずみをケアしたい時には、黒ずみケアアイテムのランキングが参考になります。
が、黒ずみケアアイテムと一言でまとめてしまうと結局どのアイテムが良いのかわからなくなってしまいますので、自分のニーズに合ったケアアイテムかどうかに重点を置いて参考にしてみてください。
例えば、効果と安心度で選ぶなら、デリケートゾーンの黒ずみ専用品がNO.1です。
専用品は、デリケートゾーンに使っても大丈夫という安心感がありますし、デリケートゾーンの黒ずみ改善を目的として作られているわけですから効果も信頼できます。
よって、専用品を使いたい時には、黒ずみケアアイテムランキングから専用品をピックアップし、

塗るタイプ→クリームや美容液
洗うタイプ→石鹸

などのタイプ別で分け、塗るタイプがいいのか洗うタイプがいいのか、塗るタイプならクリームを使いたいのか美容液を使いたいのか、洗うタイプなら固形石鹸がいいのか固形以外の洗浄料がいいのか、自分のニーズでしぼり込んでいきます。
そうすると、どれにすればいいのか決められないなどということはなく、すんなりと決まります。

黒ずみケアアイテムランキング:安さダントツNO.1

デリケートゾーンの黒ずみをケアするためにはある程度のコスト、つまり、予算が必要になります。
少ない予算でも買える黒ずみケアアイテムと言えば石鹸です。
石鹸はデリケートゾーンの黒ずみ専用品の中ではダントツに安く、100グラム前後の量で1,500円程度と、専用品ではない黒ずみケアアイテムを含めて考えたとしても立派にプチプラと言えます。
夜の入浴時つまり1日1回の使用と考えて、100グラムもあれば1か月はもちますが、固形石鹸は溶けやすいので注意が必要です。
溶けてしまってはもったいないので、石鹸置きに入れましょう。水はけの良いソープディッシュに入れた上で浴室に置くか、湿度の高い浴室に置きっぱなしにしないでケースか何かに入れて脱衣所や洗面所に移動させるようにするとかなり溶けにくくなります。
それから、固形石鹸はものすごく泡立ちが良いわけではないため、洗顔用の泡立てネットかバスリリーを使って泡立てるようにすると石鹸の泡でパックすることが容易になり、より万全なデリケートゾーンの黒ずみケアになります。
黒ずみケアアイテムランキングには複数の石鹸がランクインしていることもありますから、人気順に試していくか気になる物から試していくかしてみてください。

黒ずみケアアイテムランキング:美白力の高さNO.1

デリケートゾーンの黒ずみの正体は十中八九メラニン色素です。
メラニン色素を薄くするのに必要なのは美白成分ですので、黒ずみケアアイテムランキングから美白効果を持つ物をピックアップします。
ここで着目したいのが、人気順イコール美白力の高さではない点です。
ランキングによっては美白力の高い物ほど上位にいる可能性もありますが、そうでないこともあるため、とりあえず美白効果を持つ物をピックアップし、次に、ピックアップしたアイテムそれぞれの美白成分を可能な限り調べます。
美白成分として何が配合されているかを調べることによって、メラニン色素の生産を抑制するつまり予防美白なのか、メラニン色素の排出をうながすつまり改善美白なのかが判明しますので、改善美白成分が配合されている物を優先的に選びます。
ただ、黒ずみを悪化させないためには予防美白も重要であるため、改善美白成分と予防美白成分の両方が配合されているアイテムもしくはそれぞれをセットで使用するのが理想です。
美白力の高い成分は、何と言ってもハイドロキノン。ですが、ハイドロキノンの濃度が1パーセント以下だと効果を感じにくく、かといって高濃度だと副作用が生じることがあり、黒ずみケアアイテムランキングにランクインしていないこともあります。

デリケートゾーンの黒ずみ美白はクリームにまかせておけばいい

46

黒ずみを美白できるクリームの成分①ビタミンC誘導体

顔のスキンケアを行う際には、導入美容液、化粧水、シートマスク、美容液、乳液、クリームといった感じでいくつもアイテムを使うことがあります。
デリケートゾーンの黒ずみケアはそんなにたくさんのアイテムを使わなくても、クリームさえあればOKです。
とはいえ、どんなクリームでも黒ずみを薄くできるわけではありません。メラニン色素による黒ずみであるならば、美白成分を配合しているクリームでなければ黒ずみに効果を発揮しないからです。
では、どんな美白成分でもOKかというと、まあ確かに塗らないよりは何かしらの美白成分配合クリームを塗るほうがいいのですが、できればデリケートゾーンの黒ずみに適した美白成分配合クリームを選んでください。
第一の黒ずみ美白オススメ成分は、ビタミンC誘導体です。
現在ほど美白ケアが盛んではなかったころからビタミンCには美白効果があることが知られていました。同時に、壊れやすい成分であることも知られていて、ビタミンCの美白効果を余すことなく引き出すことは難しいのが実情でした。
そこで作られたのが、ビタミンCを安定化させて壊れにくくしたビタミンC誘導体です。
壊れにくいのでビタミンCの持つ美白効果を充分に得ることができ、デリケートゾーンの黒ずみにも効果を発揮しやすいと言えます。

黒ずみを美白できるクリームの成分②アルブチン

第二の黒ずみ美白オススメ成分は、アルブチンです。
アルブチンはもともとはコケモモなどの植物から発見された成分で、現在はアルファアルブチンとベータアルブチンと2種類あります。
天然由来なのはベータアルブチンのほうで、アルファアルブチンはキャラメルで有名な江崎グリコが開発した成分です。
植物から抽出できるベータアルブチンのほうが肌に優しいイメージを抱きがちですが、成分として非常に安定しているアルファアルブチンも肌に優しく、しかも、アルファアルブチンの美白効果はベータアルブチンの約10倍。
ですので、アルブチンを含む美白化粧品を購入する時には、アルファアルブチンなのかベータアルブチンなのかをチェックし、なるべくならアルファアルブチンを選ぶと良いでしょう。
ベータアルブチンにしてもアルファアルブチンにしても、メラニン色素が作られる際に働く酵素・チロシナーゼの働きを抑制するという、予防する美白効果を持っています。また、アルファアルブチンは、予防する美白成分の中では特に高い効果を誇っています。

黒ずみを美白できるクリームの成分③トラネキサム酸

第三の黒ずみ美白オススメ成分は、トラネキサム酸です。
血が出た時、じきに固まってカサブタになりますよね?血液には凝固つまり固まる作用があります。ところが、血液の凝固を溶かしてしまう物質ことプラスミンの動きが活発になると血液が止まりにくくなってしまいます。
さらに、プラスミンは紫外線を浴びると活性化することがわかっています。紫外線を浴びて活性化したプラスミンは皮膚に炎症を引き起こし、炎症は過剰なメラニン色素生産の引き金となります。
さあ、ここで、トラネキサム酸の出番です。
トラネキサム酸には抗プラスミン作用、つまり、プラスミンにあらがう作用があり、だから、止血効果や抗炎症効果を持っているのです。
トラネキサム酸がプラスミンにあらがう結果、抗炎症となり、メラニン色素が過剰に生産されることを防げます。また、プラスミンはメラニン色素生産細胞・メラノサイトを活性化するので、トラネキサム酸でプラスミンにあらがうことはメラノサイトの抑制でもあり、抗炎症と同じくメラニン色素の生産をはばめます。
ビタミンC誘導体のような改善する美白成分と、アルブチンやトラネキサム酸のような予防する美白成分をセットで使えば、デリケートゾーン黒ずみの予防改善になります。

デリケートゾーンの黒ずみを美白できた方法の口コミをひも解く

45

口コミから見えた黒ずみを美白できた方法①専用品

商品の情報、値段や効果や成分や使い方を公式サイトなりパッケージなりから読み取ることは大切です。
食品のアレルギーを持っている人は食べ物を購入する際に自分のアレルゲンが含まれていないか注意するはずです。それと同様に、用法容量を守ったり、正しく使用したりするためには情報を読み取らなければなりません。
がしかし、そこに実際に使用した人の感想は掲載されていません。公式サイトであればユーザーの声が掲載されていることもありますが、少なくともパッケージに掲載されていることはありません。
デリケートゾーンという他者に相談しにくい場所に使用するなら、実際に使用した人の口コミが参考になります。
中でも、デリケートゾーンの黒ずみを美白できたという口コミは、参考にすべきです。
美白ケアは長期戦になるケアですから、これを使って美白できたという口コミは参考になるのみならず励みにもなります。
デリケートゾーンの黒ずみ専用品はやはり専用品なだけあって美白できたという口コミが多く、口コミの多さを決め手とするなら専用品を選ぶと良いでしょう。

口コミから見えた黒ずみを美白できた方法②医療施設

黒ずみを美白できるとしても、病院に行ってデリケートゾーンの黒ずみについて相談することやレーザー治療を受けることはハードルが高い事柄です。そんな風に自分にとってハードルの高い物事こそ、口コミを参考にしてください。
皮膚科へ行ってデリケートゾーンの黒ずみ治療を受けようとしてもデリケートゾーンの黒ずみ治療はしていないという皮膚科もあり、確実にデリケートゾーンの黒ずみ治療を受けたいのであれば美容皮膚科か美容整形外科、あるいは、黒ずみ治療を専門としているクリニック等へ足を運ぶことになります。
そういった医療施設の評判を調べる上で口コミはとても頼りになりますし、どんな診療内容で費用はどれくらいかかるのかといった情報源にもなります。
最強美白成分として知られるハイドロキノンはデリケートゾーンの黒ずみにおいては日本国内最高濃度である5パーセントを処方する病院もあれば4パーセントにとどめる病院もあり、どうしても5パーセントのハイドロキノンを処方してほしい時などにも口コミをもとに処方してくれる医療施設を探すことが可能です。
また、黒ずみを美白するレーザー治療は保険が適用されないため、医療施設側で価格設定をしています。信頼できる医療施設であるか、価格に納得できる医療施設かどうかも口コミが判断材料になります。

口コミから見えた黒ずみを美白できた方法③セルフケア

黒ずみを美白できたという口コミが多岐に渡っているのがセルフケアです。
これを使って美白できたという口コミは数が多いので少々骨が折れますが、どんな物をどんな風に使って美白できたのかをチェックすると、自分流の黒ずみ美白ケアが確立しやすくなります。
例えば、

美白アイテムを使用して美白できたという口コミ→どんな美白アイテムなのかをチェック→クリームだった→何という名前のクリームか→イビサクリームと言うらしい→イビサクリームを調べる→イビサというブラジリアンワックス専門店が開発したデリケートゾーンの黒ずみ専用クリームで正式名称は「ホワイトニングクリーム」と判明

上記のように調べていけば、イビサのホワイトニングクリームを使用するか、ホワイトニングクリームの成分をチェックして似ている物で代用するというセルフケアにたどり着きます。
セルフケアは色々試しがちなので、かぶれ等トラブルが発生したら即使用を中止すべきとしても、効果の有無を判断するためには最低2週間は使用することをオススメします。

デリケートゾーンの黒ずみを3ステップで美白する

44

デリケートゾーン黒ずみ美白ステップ1:石鹸で美白

デリケートゾーンの黒ずみをなんとかしたいなら、3ステップ美白作戦です。
ファーストステップ美白は、石鹸を使う美白です。
美白成分が配合されている石鹸を使うのもアリですが、ここはデリケートゾーン専用石鹸を頼りましょう。
特に、「ジャムウ」という成分を配合しているデリケートゾーン専用石鹸が頼りになります。
ジャムウとはインドネシアの民間療法に使われているハーブのレシピのことで、特定の植物単品を指しているのではなく複数の植物を組み合わせており、それゆえに複数の植物由来効果を持っているという、民間療法に使われているのも納得の物です。
さまざまなトラブルの療法に用いられていましたが、デリケートゾーンのにおいの原因菌を殺菌する効果やデリケートゾーンの黒ずみのもととなるメラニン色素の抑制する効果を目的として使用されることが多々ありました。
デリケートゾーンと同じ弱酸性で洗えるというメリットもジャムウにはあります。
正直に言うと、ジャムウの美白効果は植物由来であるがためにマイルドです。が、植物由来だからこそ繊細なデリケートゾーンにも安心して使えます。

デリケートゾーン黒ずみ美白ステップ2:クリームで美白

入浴時にデリケートゾーン専用石鹸で美白ケアをしたあと。セカンドステップ美白は風呂上がりに行います。
使用するのは美白化粧品の中でも形状がクリームの物です。
何も塗らないよりは美白化粧品としてカテゴライズされている何かしらを塗るのがベターで、同じ塗るなら、クリームがベストなのです。
デリケートゾーンの皮膚はとてもとてもとても薄く、全身の中で一番薄いと言っても大げさではないくらい薄く、化粧水のような水分の多いアイテムを使用しても水分がすぐに蒸発してしまいます。
よって、美白効果のある物でも化粧水は避けるのが無難です。
美容液は物によっては化粧水みたいなテクスチャで水分が多いので使うなら水分の少ない物を選んでください。
クリームは油分が多いため、デリケートゾーンの黒ずみを美白しつつ保湿もできるのが利点です。
ボディ用美白クリームか、フェイス用美白クリーム、もしくは、デリケートゾーン専用の美白クリームを、風呂上がりに下着を着用する前に塗ると塗り忘れることなく、そして、めんどうくさがらずに続けることができます。

デリケートゾーン黒ずみ美白ステップ3:美容液で美白

サードステップ美白は変則的です。
使用するのは美白美容液で、既述の通り、水分があまり多くない物を選びます。
そして、サードと言っておいてずるいのですが、美白美容液を使う場合は美白クリームの前に使ってください。油分の多いアイテムの前に油分の少ないアイテムを使用すると油分にはじかれて浸透しにくくなってしまうからです。
最初からセカンドステップ美白を美容液にしろと思うかもしれません。
がしかし、基本はデリケートゾーン専用石鹸と美白クリームのダブルケアでいいのです。美白クリームなら美白と保湿を一度にできることですし。
ただ、より黒ずみ美白効果を得たいのであれば、美白美容液もケアに取り入れることをオススメします。
美容液というアイテムは使っても使わなくてもいい存在のようでスペシャルケアアイテム的な存在であることも多く、特に美白美容液はそのメーカーの持てる技術の結晶のような扱いを受けていることさえあります。美白ケアに力を入れている女性が多く、需要があるから供給する側も力を入れているのです。
ですから、予算や時間に余裕があるなら、

①専用石鹸
②美白美容液
③美白クリーム

の3点セットでデリケートゾーンの黒ずみ美白ケアを行いましょう。

デリケートゾーンの黒ずみはどうやら日焼けと同じらしい

43

デリケートゾーンの黒ずみの黒さイコール日焼けの黒さ

デリケートゾーンが本来の色よりも黒っぽくなってしまっている、黒ずみ。
黒ずみの黒さは、日焼けしたあとの黒さと同じ物です。
色が同じような黒という意味ではなく、ちゃんと根拠があって、黒ずみの黒さも日焼けしたあとの黒さもメラニン色素と呼ばれる黒い色素が皮膚の中から透けて見えているという共通点があります。

日焼けしたあとの黒さ=黒ずみの黒さ=メラニン色素の色

こういうことですね。
しかし、相違点もあります。
日焼けは、みなさんご存じの通りに、紫外線が原因です。
紫外線を浴びると、人体に取って有害な紫外線が体内に入らないように「メラニン色素を作りなさい」という指示が出され、指示を受けたメラニン色素生産細胞・メラノサイトがせっせとメラニン色素を作り始めます。黒い色素は紫外線をブロックするためのバリアのような物なのです。
じゃあ黒ずみの原因は?という話になります。
紫外線が原因でしょうか?
日焼けサロンなどで全身焼いたとしたら可能性はありそうですが、デリケートゾーンの黒ずみに悩む女性の99パーセントはデリケートゾーンに紫外線を浴びた覚えはないはずです。

紫外線→メラニン色素が生産される→肌が黒くなる
???→メラニン色素が生産される→デリケートゾーンが黒くなる

メラニン色素が生産されるという過程と、黒くなるという結果は、同じ。ですが、デリケートゾーンにメラニン色素が生産される原因は紫外線ではありません。だったら、何なのか?
答えを言いましょう。答えは、『刺激』です。
そもそも、紫外線も刺激の一種で、何らかの刺激を受けたことをきっかけにメラノサイトにメラニン色素を生産するようにとの指示が出されます。

日焼けと同じなので美白ケアで黒ずみは改善できる

日焼けの黒さとデリケートゾーンの黒ずみにメラニン色素という共通点があることで見えてくることがあります。
見えてくることとは、美白ケアが有効ということです。
うっかり日焼けしてしまったあとは、シミにならないように予防の意味で美白ケアアイテムを使用しますし、シミができたかもという状況でも美白ケアアイテムを使用します。
これは、美白ケアアイテムがメラニン色素に働きかけるからです。
だったらデリケートゾーンにも美白ケアアイテムを使ってもいいはず、むしろ、使うべきです、黒ずみを改善したいのであれば。
ただ、美白ケアアイテムにも色々あります。

*メラニンの生産を抑える
*メラニンの排出をうながす
*メラニン色素の色を薄くする

美白ケアアイテムこと美白化粧品と呼ばれる物に配合されている美白成分は上記の3タイプのうちいずれかが配合されています。
メラニンの排出をうながして黒ずみを薄くしていきたいのにメラニンの生産を抑える効果しか持たない美白化粧品を使っても、見違えるほどの改善は見込めません。が、メラニンの排出をうながす美白化粧品を使ってもメラニンの生産量がその効果を上まわるほど過剰になればやはり改善は見込めず、悪化することさえあります。
よって、メラニンの生産を抑えるつまり予防する効果と、メラニンの排出をうながしたりメラニン色素の色をうすくしたりといった改善する効果と、両方がデリケートゾーンの黒ずみには必要です。

美白ケアで改善しないならメラニン色素以外の原因を疑え

美白ケアを徹底しているにも関わらずデリケートゾーンの黒ずみがいっこうに良くならない。
そんな時には、メラニン色素以外の原因を疑ってください。
というのも、長年に渡ってきちんと洗えていないとデリケートゾーンに蓄積した汚れが皮膚を黒く見せます。
かといって、汚れが蓄積しないようにと気遣うあまり、あるいは、深く考えずにゴシゴシと洗ってしまうと、刺激に弱いデリケートゾーンの皮膚内のメラノサイトがメラニン色素を生産してやっぱり黒ずんでしまうのですが。
他にも、約28日周期で入れ換わる皮膚細胞が上手く入れ換わらずに古い皮膚細胞が残ってしまっていると、古い皮膚細胞は新しい皮膚細胞とくらべて色がどんよりとしているために黒ずんで見えます。
したがって、美白ケアで改善が見受けられない時には、ゴシゴシと洗わないように、けれど、汚れはきちんと落とすようにします。
それから、古い皮膚細胞を除去する効果を持つ成分であるAHA(フルーツ酸)を配合しているアイテム、具体的には石鹸やピーリング剤などを使います。
あとは、使用している美白ケアアイテムの美白成分を確認してみてもいいでしょう。
既述の通り美白成分はにはタイプがあるので予防タイプだけの美白ケアアイテムを使用していないか、それと、配合している美白成分が少な過ぎるのではないかも確認できるとなお良いです。あまりにも安いと美白成分が少な過ぎることがあるので注意が必要です。